ロシア産 チャロアイトシリカ のルース

image1

  • thumb1
  • thumb2
  • thumb3
  • thumb4

ルースの特徴

こちらはロシア産のチャロアイトで、石英が浸透する事で透明度を得たチャロアイトシリカになります。別名でエンジェルシリカとも呼ばれているようですね。光源に透かすと、ラベンダー色の発色をしてきれいです

チャロアイトはスギライトやラリマーと同じく、世界三大ヒーリングストーンの一つに数えられる石です。

油彩画のような質感を持つ石で、この不思議な質感はエジリン、マイクロクリン、ティクナクサイトなどの鉱物が、チャロアイトとマーブル状に混ざりあうことから成り立っています。

スクエアシェイプで一辺が丸みを帯びています。まるでチャロアイトではないような発色をしていています。レインボーもインクルージョンしています。透明度が高く、石英の含有量が高いチャロアイトになります。裏面にほんの少しだけ欠けがあるので、少し安くしてあります。

大きさ:縦26mm 横23mm 厚6mm 重さ:6.9g

こちらのルースからオーダーネックレスをご希望のお客様は、ルースを購入後、備考欄にオーダーメイド希望とご記載ください。

ご用意している糸の色は、シルクがブルー ブラウン ブラックで、ナイロンコードが、ブルー ブラウン ブラック パープルピンク シルバー イエロー グリーン レッドになります 。

¥5,000 〜 ¥10,000で、シングルペンダントやコンビネーションペンダントに、様々なビーズデザインも可能ですので、気になる方はお問い合わせくださいませ。

チャロアイトのについて

チャロアイトという名前はシベリアのチャロ川流域で発見された事と、ロシア語のCharo「誘惑」から名づけられたという二つの説があります。

1949年ごろに発見され、彫刻用などの石材として採掘されていましたが、当時は角閃石の一種だと考えられていました。

正式にチャロアイトとして認証されたのは1978年であり、鉱物学者ベーラ・ロゴワ女史の長年の研究によるものです。

現在、ロシア連邦サハ共和国にあるムルン山でのみでしか産出されていません。そこも掘り尽くされたと言われており、これから良質なもののが入手が困難になること必須な鉱物です。

他からの影響がないように、しっかり浄化したものをお送りいたします。詳しくはバクティの浄化方法をどうぞ

4,500→3,900円
型番 : CHAL04


完全1点ものですので在庫切れ次第販売終了になります。

送料と配送

お支払い方法

発送、送料、お支払い方法の詳細

この商品で使われている天然石の種類

  • ページの先頭へ