Bhaktanjali Blog

オーダーメイド

以前出店の際に、お客様が並べているバクティのルース達の中からクリソコラをお選びいただき、ネックレスを創作しました。

blog210.jpg

このルースは...以前Jaipurのお世話になっている工房で、目の前でカットと研磨をしてもらったんです。元はもっと大きかったのですが、ブラウンの発色が多かったんですね。

で、そこを落としてもらって研磨して形を整えたんです。次の日行ったら、落とした部分も磨いてくれてました。確かそのときの動画がyoutubeにもupしてます。

クリソコラを体現するような美しい発色。調和、というか...ブルー1色ではなく、ブラウン、クォーツ、グリーンの部分を含み、そのルックスはほかの天然石にはない美しさが有るように思います。

ビーズはインドで見つけたシルバービーズをメインに、ラウンドのターコイズとカットのアクアマリンでデザインしました。紐の先端は、鈴のカレンシルバーと、ラフポリッシュのターコイズです。

バクティのブルー系ネックレス、オーダーを良くいただいています。やはり自分が身にまとっている石だからでしょうか....もっと現地から送ってもらう事にします!

こちらも出店の際にお客様にお選びいただいたルースで創作した、オーダーメイドネックレスです。

モロッコ産アズライトインクリスタルです。

blog211.jpg

クリスタルの隙間にアズライトが流れ込んだ様が見えるような...不思議なルックスです。きっと銅の鉱床の付近にあった石英と藍銅鉱が織りなしたのでしょう。まさに世界に1つ、地球の織りなす芸術ですね。

ビーズはラピスラズリのラウンドビーズと、カヤナイトのカットビーズ、カレンシルバーでデザインしました。

まだまだアズライトも在庫がございます。オーダーをお考えのお客様は早めにオーダーしていただいた方が、良いルースが残っていると思います。産地も色々あって面白いですよ♪

ネックレスのオーダーをいただき、クリソコラ(珪孔雀石)のネックレスを創作しました。

新谷様.jpg

石をふれあいだした頃から大好きな天然石なので、いろんなクオリティをストックしているのですが、このときに買ったルースはよくお客様の目に留まるようです。

柔らかい石ですが、まさにアースカラーだなと感じています。おすすめの天然石です。

涼しい色味のブルーの糸だけで編み込み、クリソコラ、ターコイズ(トルコ石)、アクアマリン(緑柱石)でデザインしました。

 

ネックレスのオーダをいただき、シトリンとブルームーンストーンのコンビネーションネックレスを創作しました。

納得のクオリティの素材のみ、使用しています。コンビネーションネックレスは、お客様のデザインを伺いかがら創作するので、どんなネックレスになるか楽しみながら創作しています。

ひらめいた方はどんどん伝えてくださいね。皆様のお導きで、僕は前に進むことができますので...

お待ちしています。

バクティのペンダント、Anandの中に展示していたアズライトのペンダントを使って、ネックレスのオーダーメイドをいただきました。

 blog205.jpg

ビーズはラウンドのアズライトマラカイトとマラカイト(孔雀石)、カットのカヤナイト(藍晶石)、チベットコーラル(珊瑚)でデザインしました。

いよいよ手元のアズライトがなくなってきました...今週新宿のミネラルフェアのお手伝いが始まるので、いつもの業者さんに分けていただこうと思います。今回はどんな石や人との出会いが待っていることやら....楽しみです。

オーダーをいただき、クォーツイン クリソコラ アズライト(石英入り桂孔雀石藍銅鉱)のネックレスを創作しました。

廣田様10.jpg

クォーツの中にクリソコラやアズライトやマラカイトを含んだ溶液が、流れ込んだ様が見えるような個性的なルースですね。

アメリカ西南部より産出するクリソコラ系統の天然石には、こういった石英質のインクルージョンはありませんので、こちらは北アフリカより産出したルースということがわかります。

ビーズはアズライトマラカイトとターコイズ、紐の先端はリーフとバラのカレンシルバーでデコレーションしました。

想いを届けるお手伝いが出来て、幸せな毎日です。

感謝、拝。

ネックレスのオーダーをいただき、ブルームーンストーンとロードクロサイト インカローズの、コンビネーションネックレスを創作しました。

 blog202-1.jpg

ペンダントに使用したルースは2つともティアドロップシェイプです。女性らしい天然石を組み合わせ、石にとけ込むような色の糸を使うことにより、ルースが苦しくないルックスにできました。

blog202-2.jpg

ビーズはラウンドのロードクロサイトをメインに、カットとラウンドのブルームーンストーンでデザインしました。

ロードクロサイト(菱マンガン鉱)のネックレスのオーダーをいただきました。

 blog204.jpg

ルース、ビーズ、共に透明度のある良いクオリティです。インカローズ(インカの薔薇)という別名がありますが、こちらはインクルージョンによる薔薇のような模様のないロードクロサイトですね。

どちらも魅力的に見えますが、やはりロードクロサイトにおいてハイクオリティといわれるのは、このような透明感のある石です。

編み紐の先端は、リーフと薔薇のモチーフのカレンシルバーチャームになります。

ルビーのネックレスのオーダーをいただきました。

blog203.jpg

このルビーはインドのジャイプル市にいる友達のお店で分けてもらいました。彼はガネーシャ神に帰依していて、いつも幸せそうに仲間と商売をしています。

その彼が、「今日ルビーのロックを切断して、今こういう段階。これ君にあげるから、日本でなんか作ってみて」と言ってきて渡してきたルビーです。ロックを薄く切り適度な大きさにし、表面を軽くポリッシュしてあります。

ラフルビーに一番色の近いパープルの糸でホールドし、ビーズはカットルビーとシルバービーズでデザインしました。網紐はブラックで紐の先端は、ルビーとバラのモチーフのシルバーチャームです。

ペリドットのシンプルネックレスのオーダーをいただき、インドよりペリドットを送ってもらって創作しました。

blog200.jpg

こちらのペリドットは3.7ctでサイズは10mmあります。比較的大きいのに発色もよく、明るいペリドットグリーンです。

グリーンの糸で編み込んでいるので、石を包んでいる糸が見えませんね。バクティのアクセサリーは、あくまで「天然石」がメインです。

編ひもはシルバーの糸で、ペンダントが小さいので細く編み上げています。

もっとファセットカットでデザインしたアクセサリーが作りたくなってきました。

  • ページの先頭へ

facebook