Bhaktanjali Blog

2018年3月アーカイブ

ようやく完成したウッドデッキで、太陽を浴びながらものつくりを楽しむ。ようやく淡路もいい感じに暮らせるよう整ってきました!デッキが出来るまでは我慢していた原石の研磨もようやくスタートして、とても楽しい時間を過ごしています。

先日ツーソンショーで手に入れた、ペルー産クリソコラクォーツの原石ラフを研磨して、ルースを作りました♪

CSQ01-2.jpg

ベースになっていた母岩はかなり研磨してなくなりましたが、強度を保つ為に裏側に少し残してあります。その上にクリソコラ→クリスタルのジオードが乗っていて、透明度のあるジェムシリカの部分は表面に薄くありますが(ジオードとクリソコラの間)、ジオードを生かす為にそこは磨きませんでした。

光に透かしても透過性はないですが、とても明るいクリソコラブルーをしています。やはりクォーツのなせる技ですね!キラキラしてきれいです。

新作ネックレスはこちら

 

透明度が高く、きれいなインクルージョンで有名なインドのマニハール産水晶、インドから友達が持ってきてくれたので、コンビネーションネックレスを2本創作しました。

PDM32-1.jpg

マニハール産クリスタルとブラジル産シトリン ビーズ:サンストーン シトリン ペリドット

縁を編み込んでホールドしています。

PDM33-1.jpg

マニハール産クリスタルとクリソコラ ビーズ:カヤナイト クォーツ

全面に編み込んでホールドしています。

クリスタルの上のパートを、研磨機で成形して磨き上げてから糸で編み込んであるので、糸が切れる事もありません。小さなペンダント、幾何学な編み目模様がしっかりと包み込んでます。

天気がいいので、明日は色々磨こうと思います!

 

コンゴ産のトップクオリティ アズライトマラカイトのネックレスを創作しました。

blog330.jpg

アズライトマラカイト 藍銅鉱孔雀石 コンゴ共和国産

ビーズ;ペリドット アクアマリン カヤナイト クォーツ

天然石のショーでもこのクオリティは数が少なく、抜群のクオリティだと思います。編み込みしながらゆっくり眺めました。アズライトとマラカイトが色違いで模様をシェアしていて、やっぱり地球のような要素を感じる天然石ですね。

インドのダラムサラで逢ったアズライトマラカイトから始まった僕の石の旅、良い石をお届けできて光栄です。

H様 いつもありがとうございます!

少し体調を崩していましたが、復活したのでどんどんアップしていきますね。

 

ようやくウッドデッキが出来上がり、天気が落ち着いたら外でものつくりを楽しめる環境が整いました!やりたかった事が1つ具現化できて、次は何を作ろうかなともう思う始末...多分生きてる間はずっとこうなんだろうなと思います。

やっぱり八角堂を建てないと!ここはと言う土地に出逢いたい近頃です。

昨日に引き続き、アーカンソー産水晶を3点アップしました。

透明度の高い、ダブルポイントのツインソウルクリスタルです。やはりアーカンソーは透明度が良いですね。ルチルやクローライトのインクルージョンはありませんが、透明度は素晴らしいです。そして、ダブルポイントのクラスターが多い!良い鉱山主とであえてうれしかったです。

アーカンソー産水晶はこちら

 

アメリカ アーカンソー産 のダブルポイントクリスタルを3点UPしました。

こちらはクォーツインクォーツです。クリスタルが別のクリスタルに貫入しています。

PRF93-3.jpg

抜群の透明度を誇る産地として有名で、その名前はネイティブアメリカンの部族名から名付けられました。

PRF94-1.jpg

透明度が高く、とても繊細な先端をしていますが、完全にノーダメージです。気をつけてパッキングしてツーソンから持って帰ってきました。

レインボーもいろんな所にあり、透明度が高いのでとても綺麗です。表面に照りもあります。

ツーソンで鉱山主の方と知り合えたので、アーカンソーから今年産出したフレッシュなクリスタルをお届けします。

アーカンソー産水晶はこちら

 

雨が続きますね。薪ストーブで服を乾かしつつ、風呂を焚きながらこれを書いています。冷えた体を暖めて、淡路島のおいしい野菜や海産物を食べ、毎日ひたすらにものつくりな日々。「動」の日々が続いていたので、しばらくは「静」な日々を見つめようと思います!

静と言っても起きてすぐ薪を割り火をおこすような生活ですが、マインドはとてもシャンティな日々です。陰陽ですね、どちらもあってこそ美しく感じれます。

さて、今日はオーストラリア産のロードナイトのルースを4点、ネックレスを1点UPしました。

RDN12-1.jpg

今回アップしたロードナイトは、ロードクロサイトに比べると少しマットな発色で、マンガンのインクルージョンのないピンクだけで構成されているクオリティになります。

RDNL04-2.jpg

ロードナイトはこちら

 

 

以前からネットショップにのっていたハイクオリティルースやアクセサリー、ミネラルの値下げを行いました!

皆さんの元に旅立つ為に僕の所に来た天然石達、ずっと僕が眠らせていてももったいないので手の届きやすいようにしてあります。

高額商品は¥5,000程下げました。ずっとストックしているお求めやすい値段のルースもこの機会に下げてあります。

ツーソン以来、コンスタントに天然石やアクセサリーをアップする日々で、まだまだアップしたいので展示数が多くなってくると思います。

出来るだけ見やすく展示できるようつとめますので、時々見てみてくださいね!一日に数点はアップしておりますので。

 

 

 

ロシア産のユーディアライト、ルースを4点、ネックレスを1点UPしました。

EDL04-1.jpg

ジルコニウム等を含む珪酸系鉱物で、グリーンランドで初めて発見されましたが、当初はその色合いからガーネットと思われていまし た。その数年後、ロシアでルビーのように赤いものが見つかり、宝石市場に登場しました。

透明度が高くインクルージョンのないクオリティはルビーと勘違いされるケースもあり、 産地であるロシア・ラップランドでは、ラップランドのルビーという愛称があるほどです。

EDLL03-1.jpg

インクルージョンしているのはホワイト系がネフェリン、ブラック系がエジリンなんですが、これらが母岩になっていてユーディアライトをインクルージョンしているのが本来の形なのですが、ユーディライトが多いパートをルースに研磨してあります。

女性性に訴えかけるようなディープピンクがとても魅力的な天然石です。

ユーディアライトはこちら

 

 

雨が止み、太陽が戻ってきましたね〜!今日は久しぶりにホケキョッと鳴いてくれて、いよいよ春が来たなと。この勢いで、ウッドデッキを仕上げて、研磨にも取りかからねば。毎日こつこつと前進!

さて、今日はロシア、サハ共和国産のチャロアイトと、チャロアイトシリカのルースを4点UPしました。

こちらはチャロアイトにクォーツがインクルージョンしている、チャロアイトシリカになります。

CHAL03-2.jpg

別名でエンジェルシリカとも呼ばれているようですね。光源に透かすと、ラベンダー色の発色をしてきれいです

チャロアイトはスギライトやラリマーと同じく、世界三大ヒーリングストーンの一つに数えられる石です。

油彩画のような質感を持つ芸術的な印象を持つ石で、この不思議な質感はエジリン、マイクロクリン、ティクナクサイトなどの鉱物が、チャロアイトとマーブル状に混ざりあうことから成り立っています。

ロシア的な色と言うか、他にはない特有の雰囲気がある天然石でね。

チャロアイトはこちら

 

ロシア産の チャロアイトに石英が浸透している、チャロアイトシリカのネックレスを創作しました。

CHA09-1.jpg

別名でエンジェルシリカとも呼ばれているようですね。光源に透かすと、ラベンダー色の発色をしてきれいです。

CHA09-2.jpg

新作ネックレスはこちら

 
  • ページの先頭へ

facebook