Bhaktanjali Blog

2018年1月アーカイブ

色々なご縁が重なり、2月にアリゾナで開催されるツーソンミネラルショーに行く事になりました!

ずっと行きたかったツーソン、世界で一番大きく、日本でいう新宿ショウや池袋ショウのような全国から業者が買い付けにくるショウのような、つまり、世界中から天然石を求めて業者が集まってくる世界最大のミネラルショーです。

3週間近くに渡って40以上のミネラルショーがツーソンシティの中で開催されます。僕は2月1日から買い付けを始めて、15日くらいまでツーソンでマーケットリサーチをしながら買い付けを楽しもうと思います!

アメリカ産の天然石はもちろん、世界中から集まるトップクオリティな天然石を眼に焼き付けてきますね。決して安くない値段のクオリティがメインのショーですが、更なるステージを目指し様々な天然石のトップクオリティや、まだ見ぬ種類の天然石を求めてストーンハンティングしてきます!

バクティの発送業務は、問題なく通常通りおこなえる環境を整えていきます。ですので、気になさらずに購入してくださってかまいません。

最近オーダーメイドの創作とストックしているルースのアップばかりで、バクティに新作のアクセサリーをあまりアップできていませんが、ルースを選んでオーダー希望とメールしていただけば創作致します。

帰国するのは25日なので、2月中にいただいたオーダーは25日以降に創作になります。ご了承くださいませ。

現地でも携帯を持って、皆様からの問い合わせはいつでも確認できますので、気になる点があればいつでも言ってくださいね。現地にいる期間が長いので、ご希望の天然石の名前をメールしていただけば、それをツーソンショーで探す事も出来ます。

お気軽にお問い合わせくださいませ!

ツーソン後は、セドナやグランドキャニオン、ネイティブアメリカンの文化を吸収して来ます。初めてのアメリカ大陸、今の僕が出来る事を思いっきり表現してきます!

 

 昨年もたくさんのオーダーメイドをいただき、お客様の元にアクセサリーが旅立っていきました! ネットショップやショウでお会いする際にオーダーをいただいて、ご自宅に発送しています。ほとんどが僕の天然石を選ばれますが、もちろん持ち込みルースでのオーダーも創作させてもらっています。

これは一部ですが、写真を少しアップしますね。オーダーメイドを考えてらっしゃる方は参考にしてみてください。バクティのアクセサリーはシンプルなので、使う糸の色やビーズの種類は出来るだけお客様のご希望に寄り添うデザインで創作しています。

ルース:インド産ムーンストーン

ビーズ:ムーンストーン ルビー アクアオーラ

blog328-1.jpg

ルース:スミソナイト ネパール産ダブルポイントクリスタル

ビーズ:ダブルポイントクリスタル アクアマリン カヤナイト

blog328-2.jpg

ペンダント:ヒマラヤ産ダブルポイントクリスタル

ビーズ:ダブルポイントクリスタル アクアマリン

blog328-3.jpg

ルース:南アフリカ産アズライト

ビーズ:ブルームーンストーン カヤナイト アズライトマラカイト

blog328-4.jpg

ルース:インド産ムーンストーン x3

ビーズ:ムーンストーン ブルームーンストーン

blog328-5.jpg

ルース:インド産レインボーオブシディアン x2

ビーズ:ブルームーンストーン ブラックスピネル

blog328-6.jpg

西オーストラリア州寺デラグッサ鉱山産クリソコラマラカイトキュープライト

blog328-8.jpg

インドタミルナードゥ州カルール産アイオライトサンストーン

ビーズ:サンストーン アイオライト

blog328-9.jpg

 

 

ツーソンショウに行く準備をしながら、ルースの更新やオーダーやアクセサリーの創作を楽しんでいます。もう明後日には出発なんですが、研磨もしてから出発したいし、なんだかんだで忙しく過ごしています!

今日はルースを27点、ネックレスを4点アップしました。

ネットショップ初の南アフリカ産スギライト、なかなかのクオリティ存在感です。

こちらは60mmを超える大きさでこのクオリティを保っている、迫力のあるスギライト(杉石)です。

SGIL06-3.jpg

こちらは光に透かすときれいに透過してくれる、ピンクスギライト(杉石)です。

SGIL01-1.jpg

こちらは同じく南アフリカ共和国産クォーツ(石英)イン クリソコラマラカイトです。少しだけ、ブラウン色のキュープライトも見て取れますね。

CSML14-3.jpg

こちらはモロッコ産アズライト(藍銅鉱)です。下3つのルースは、どれも銅の鉱床から取れる天然石です。なので、模様が共通しているパートがあります。このアズライトも葡萄結晶を彷彿させるサークル模様もあり、良いクオリティのルースです。

AZRL22-3.jpg

こちらはコンゴ共和国産マラカイト(孔雀石)です。これはもう、ターコイズで言うスパイダーネット的な模様ですね。

MLKL08-3.jpg

天然石それぞれに良いクオリティのルースを産出する鉱山や国があります。僕が皆様にご紹介している天然石達は、それぞれの良いクオリティが産出する鉱山や国からくる天然石になります。

そういった石との出会いはご縁やタイミングによる者が多く、一回の買い付けでこれだけの種類を揃える事は出来ません。1つの天然石をとってもそれぞれの鉱山にそれぞれの良さがあったりします。

石を取り扱い始めて15年、開店してからほぼ10年経ち、ようやくストックしてきた知識や天然石達を皆様にお届けできる環境が整いそうです。といっても、明後日にはアリゾナなのでまた更新がひと月ほど滞りますが...

でも、この海外での買い付けという「旅」が、バクティや僕自身のキャパシティを一気に引き上げてくれるんです。決して楽しい事ばかりではありませんが、全力の前のめりでストーンハンティングしてきます!

スギライトはこちら

アズライトはこちら

クリソコラマラカイトはこちら

マラカイトはこちら

新作ネックレスはこちら

 

西オーストラリア州デラグッサ鉱山から産出する、クリソコラのキラキラしたジオードのような細かい結晶をクォーツが包み込んでいるルースを5点。

アリゾナ州から産出したクリソコラマラカイトを1点、アップしました。

CSML13-3.jpg

センターの水色のパートがキラキラしていますね。ここがデラグッサ鉱山の特徴で、クオリティによっては葡萄結晶のようなクリソコラ(珪孔雀石)をクォーツが閉じ込めてくれてます。

クリソコラ自体は柔らかいのですが、クォーツ(石英)と共生している事で硬度が増しています。グリーンとブラウンが共生しているパートは、マラカイト(孔雀石)とキュープライト(赤銅鉱)です。

きっと、マラカイトとキュープライトの母岩にクリソコラを含んだクォーツが流れ込んだのでしょうか。とても綺麗なブルーが間に入り込んでいったようなルックスです。

クリソコラマラカイトはこちら

 

 

インド産レインボーオブシディアン(虹黒曜石)のルースを7点アップしました。

ご好評をいただいているバクティのレインボーオブシディアン。僕は小学生の時に隠岐ノ島でオブシディアンを拾って夏休みの宿題で出した事があります。今考えると、小さいころから石が好きだったんですね!

いろんな所で黒曜石を見てきましたが、今取引をしていインド人の友達が持っているレインボーオブシディアンがとても良いクオリティで安定して届けてくれています。

今回もいい感じのルースが届いています。

ROSL23-1.jpg

トライアングルシェイプで、40mmあり大きいルースです。センターの方が幅が広く、外に行くほど幅が狭くなるレインボーが出ています。

ROSL22-1.jpg

オーバルシェイプで15mmとかなり厚みがあります。適度な幅でレインボーが出ていてとても綺麗です。

オブシディアンはこちら

 

今日はデンドライトのルースを5点追加しました。デンドライトもしばらく更新できていなかったのですが、大きなルースをアップできました。

ランドスケープアゲート(風景瑪瑙)と呼ばれるほど模様が水墨画を彷彿させてくれる天然石、デンドライト。一回目に訪れたインドで出逢った、ハーモニーを感じさせる石です。

DDRL22-1.jpg

透明な山と白い空、そこに木が生えているような風景画を彷彿させてくれます。センター上の白い模様も特徴的ですね。

DDRL24-1.jpg\

センター下のサークルから木がのびているようです。上にも薄く色が入っています。

デンドライトはこちら

 

 

クォーツインダイオプテーズを1点、ジェムシリカを2点アップしました。

こちらはクォーツインダイオプテーズです。

DOPL01-1.jpg

銅関連のミネラルの中でも、深い透明度のある翠をしているダイオプテーズ。翠銅鉱といわれ、その色合いはビビッドなグリーンもありとても綺麗です。

個性的なルックス、色合いをしています。透明度のあるクォーツの周りでビビッドな色のダイオプテーズが浸透していて、ルースが地中深くで結晶化する時に、元々あったクリスタルの周りにダイオプテーズの成分を含んだ液体、が流れ込んだのがよくわかります。

厚みもあり、しっかりとした存在感のあるクォーツインダイオプテーズになります。クォーツパートは透明度もあります。

 

阪神淡路大震災からはや23年...3年前に20年の節目に書いた日記、今も変わらない気持ちがあるので、ここにも載せますね。もし良ければ呼んでみてください。

6434人の方の無念を無駄にしないよう、毎日を踏み倒しましょう!

〜以下転載〜

伊丹駅.jpg

比較的被害の少ない地域に住んでいた僕は、その日の朝光で目が覚めた。

月曜の早朝、学校に行きたくなくて僕は目が覚めてしまった。おぼろげな記憶ではあるが、窓が2回光ったような気がする。そのしばらく後、横揺れが来た。

覚えているのは、ふすまが端から端まで揺れて家具が全て倒れてきた事。起き上がるは愚か、布団に隠れるのがやっと。幸い背の高い家具やガラスが近くになく、揺れている間はけがしなかった。

その最中に飼い犬といとこの叔父が落石に挟まれ、犬は死に叔父は両足骨折、這いつくばって自宅まで帰ってきた。長田区等に比べ伊丹市の被害は軽く、自分がいた場所により僕たちの運命は全く違っていた。

横揺れの後、縦揺れが来た。全く違う揺れ、布団の中で体勢を三角座りにかえたのを覚えている。長い長い揺れ、体験した事のない地鳴り、何も出来る訳がない。

徐々に揺れもおさまると同時に響く母の悲鳴のような僕を呼ぶ声、「敬二!どないもないか!!」明かりなんかある訳もなく、靴もない。でもまず外に出ないとと思い、ガラスの散乱する階段を下りた。兄はすぐ横に家具が落ちてきてびっくりして動いたようで、足をお湯とガラスでけがしていた。母は通勤の為に起きていて、ガスの暖房をつける瞬間に揺れだし、部屋の反対側まで飛ばされたらしい。直後にガラスとお湯で床が満たされた。

繰り返される余震の中、外に出ると近所の人が集まっていた。皆、情報源がなく想像で話してる様は僕にとっては異様で、すぐにラジオをとりに戻りそこに持っていった。阪神高速が倒れた、とか伊丹駅がつぶれた、とかガスのにおいの立ちこめる道ばたで情報交換。祖父母は、従兄弟一家はと母はすぐに確認しにいき、僕は飲み物の確保。

思い出せば限りない、普段は忘れている記憶がまだまだあるようで、書き出せばきりがない。毎年この時期に古傷が痛むように思い出すのは、全ては壊れるということ。毎年毎年、胸に刻んでる。無常、人間が作ったものやシステムに、これ以外のものはないと思ってます。幼心には理解できず、未だに反芻している有様ですが...

そういったものを削ぎ落とし、太古の昔から続いている循環だけで生きていく。僕のルーツには、阪神大震災の影響が多分にあるかもしれません。そんな事を感じた、1.17の朝でした。

命を繋ぐ事を許されたのだから、精一杯毎日を踏み倒そう。死んでしまったはち(犬)の為にも、シャンティ(犬)を精一杯愛そう。僕たちは生かされているのだから。向こう側に先に行ってしまった人たちに笑顔で会えるよう、命を輝かせ循環していきたい。

今日も頑張ってアクセサリー作るぞ!

 

今年もまたこの日が来ました。阪神大震災、今僕が住んでいる工房は震源地の地区にあり、断層は裏山の反対側にあります。近所の方も時折、震災の話しを遠い眼をしながらしてたりして、普段の生活にもまだ震災を彷彿させる事が多いです。

思う事もあるので、改めて震災については書きますね!

さて、アフガニスタン産ラピスラズリのルースを8点UPしました。前回のルース達よりクオリティも上がり、白濁のないルースばかりです。

こちらは珍しい長方形シェイプです。

LPSL16-3.jpg

ブライトなブルーをしていて、きれいな長方体に磨かれています。パイライトもアクセント程度に入っていて、ラピスブルーの邪魔をしていません。上にクリスタルを置いても、とてもいい感じでした。

こちらは45mmのハイクオリティラピスです。

LPSL17-4.jpg

白濁もなく極小量のパイライトをインクルージョンしていて、ルース全体がきれいなラピスブルーで満たされています。もちろん、色味にばらつきもなく安定しています。

ラピスラズリのルースはこちら

 

今日は寒い日でしたね!朝起きたら工房の前にある池が凍っていて、信州に住んでいた頃よく見ていた景色を思い出しました。ダムや田んぼが凍った景色が懐かしいです。

今日は昨日に引き続き、コンゴ産アズライトマラカイトを4点アップしました!

左側からクリソコラ→アズライト→マラカイトとアズライトの共生→アズライト→マラカイトの順番です。素晴らしい色合いかつ模様ですね。

左側のマラカイトの模様でクリソコラアズライトになっているパートもとても綺麗だと思います。

今回アップしたコンゴ産アズライトマラカイトは、10点全て1つの原石、ラフからルースを削りだしています。なので、重なりあっていたのがよくわかるルースがほとんどで、どのルースとどのルースが重なっていたのか比べだすと、あっという間に時間が過ぎていました...

なので、クオリティや模様が似ているので説明文も似ていますが、ご了承くださいませ。これだけ模様が揃っているルースという事は、僕の前に誰も選んでいないということです。だからまとめてでしか売ってくれなかったのですが。

バクティを彩ってくれるルースが来てくれました!

コンゴ産アズライトマラカイトはこちら

 
  • ページの先頭へ

facebook