Bhaktanjali Blog

2017年7月アーカイブ

南アフリカ産アズライト、アズライトクリソコラ、アズライトマラカイトのルースを7点UPしました。

こちらはアズライトクリソコラです。シャッタカイト、マラカイトクォーツも少しインクルージョンしています。

AZRL06-1.jpg

大きさが43mmあり大きいルースなのですが、発色がよく共生具合も良いクオリティのルースになります。右側からアズライト→クリソコラ→シャッタカイトとマラカイトとクォーツが混ざっているパートになります。

アズライトのルースはこちら

 

以前創作したオーダーメイドより、2点ご紹介します。

こちらはネパール産カヤナイトとインド産ブルームーンストーンのネックレスになります。

blog325-1.jpg

どちらも良いクオリティのルースだったので、お互いを引き立てあってくれています。深いカヤナイトブルーとブルームーンの表面に現れるブルー、ナイスコンビネーションでしっくりまとまりました。

こちらはオーストラリア産クリソコラになります。

blog325-2.jpg

とてもランドスケープ的な見た目のルースで印象的です。まるでグリーンがかった空の下、大地を流れる水のように見えます。先日海外から届いたルースで、クリソコラ、マラカイト、キュープライトで構成されています。

どちらのネックレスも雰囲気が違い、天然石には様々な表情があって面白いですね♪

 

アフガニスタン産ラピスラズリ(瑠璃)のネックレスと、チベット産ターコイズ(トルコ石)のネックレスをアップしました。

こちらがチベタンターコイズです。

TQS19-2.jpg

こちらはラピスラズリです。

LPS24-2.jpg

青い石といっても、透明度の有る無し、淡い水色から深い藍色まで様々な色があります。僕が好きな、銅関係の鉱物も多く含まれる色味ですね。すごく調和的な色だと思います。

ターコイズもラピスも、ずっと昔から愛されてきた天然石、歴史は古く今でも衰えない人気があります。ずっと人々に寄り添ってきてくれたんでしょうね♪

新作ネックレスこちら

 

先日アップしたブラジル産のレムリアンルチルクォーツや、ブラックトルマリンガーデンクォーツのネックレスをアップしました。

こちらはレムリアンルチルクォーツです。

RLQ10-1.jpg

こちらがトルマリンガーデンクォーツです。

TRQ10-2.jpg

どちらも透明度が高く、インクルージョンがはっきり見て取れます。ゴールドもブラックもルチルクォーツとまとめてしまえばひとくくりですが、内包されている鉱物はそれぞれ違います。

先日アップしたルースもそうですが、インクルージョンしているミネラルが違うと別の天然石ですよね。表情や雰囲気ががらっと変わります。ゴールド、シルバー、ブラック、レッド等、良いルースを見つけたら、またバクティにアップしますね。

ひとまず先日僕の所に来たルチル関係のルースはこれで一段落です。ルチル系が好きな方は是非どうぞ!

新作ネックレスはこちら

ルチルのルースはこちら

 

インド産ブルームーンストーンと、マダガスカル産ラブラドライトのネックレス、それぞれ1点創作しました。 同じ曹灰長石ですが、全く違う発色をしています。

ちなみに、ブルームーンストーンはいわゆるムーンストーン=月長石、とは違う種類の天然石です。あくまで、ブルームーンストーンは曹灰長石です。ブルームーンストーンもラブラドライトも、とてもきれいな色味と反射をする天然石で、バクティでも人気のある天然石の一つになります。

MNS22-2.jpg

こちらがブルームーンストーンです。ホワイトベースで、ラブラドレッセンスというブルーの反射が出ます。(反射の名前でラブラドライト系ってわかりますね)こちらはインド産です。

LRR15-2.jpg

こちらがラブラドライトです。ブルーの反射、ラブラドレッセンスの向こうは、灰色で透明度があります。カナダで発見された天然石ですが、今はマダガスカルで良いクオリティのラブラドライトが産出するので、バクティではマダガスカル産を取り扱っています。

兄弟のような天然石ですね!

新作ネックレスはこちら

 

たくさんいただいていたオーダーメイドが一段落し、次にやりたかったルースのアップや作りたかったルースでの創作を始めました。

今回UPしたのは、ブラジル産ルチルクォーツ(金鉱石入り水晶)を4点と、ルチルルチルレピドライトインクォーツを1点UPしました。

いつもお世話になっているブラジルの方が日本にいらっしゃったので、楽しくお話ししながら選ぶ事が出来ました。彼女と話していると、「このルチルはレムリアンクリスタルから研磨して作ったのよ♪」といっていました。

僕はインドでクリスタルとであったので、ブラジル産が有名なレムリアンシードは今まで良い出会いが少なかったように思います。もちろんノンポリッシュでは多数見てきましたが、あえて結晶ではなく研磨してルースを作るとは!流石ですね。

抜群の透明度かつゴールドルチルが敷き詰められています...胸元をゴージャスに、といっても大きくないのでtoo muchではなく、さりげなく飾ってくれそうです♪

RLQL09-3.jpg

こちらはレピドクロサイトと、ゴールドルチルが少し入っています。透明度は見ての通り、抜群です。そしてスーパーセブンを彷彿させるような、しっかりとしたレピドクロサイトが多数インクルージョンしています。ほんと、クリスタルは様々な顔を見せてくれて面白いです。

ルチルクォーツはこちら

 

オーダーメイドが一段落してきましたので、少しづつ写真をアップしようと思います。新宿ミネラルフェアでルースを選んでオーダーいただけたので、お客様もとても喜んでくださりたくさんのオーダーをいただきました。

リピーターのお客様、バクティと初めてご縁を繋いでくださったお客様、皆様に喜んでいただけるようなルースを、これから夏の間ホームページにアップしていこうと思っています。

僕のルースコレクションはほとんどアップできていないのが現状です。頑張ってアップしますので、今しばらくお待ちくださいませ。

さて、今日はコンビネーションネックレスを。

ブラジル産ファントム入りアメシスト(成長痕入り紫水晶)とシトリン(黄水晶)の3連コンビネーションネックレスになります。

blog324.jpg

今まで作った3連の中でも一番大きいネックレスになりました。クオリティの良いルースだけを使ったので、大きめですが透明度や色味の良い見た目を保っています。

重さが多少あるので、編みひもは4本にしてルックスも少しゴージャスに。ビーズもシトリンとアメシストになります。

 
1
  • ページの先頭へ

facebook