Bhaktanjali Blog

2015年2月アーカイブ

今回はタイ、ネパールに行く事にしました。バンコクでルース、ビーズ、シルバーを、ネパールで水晶やカヤナイト等ネパールから産出するミネラルを探してきます。

少し長く日程をとってしまいました...23日の夜までに購入していただいたアクセサリーは、24日の出発前に発送する事ができますので、気になる天然石があるお客様はそれまでによろしくお願いします。

また気になる天然石を探してほしいなどございましたら、バクティの問い合わせから連絡していただけば、現地にて見てみる事もできます。お気軽にお問い合わせください。

より良い天然石アクセサリーを皆様にお届けできるよう、楽しみながら頑張ってきます。天然石探しは思いもよらない場所へ僕を導いてくれるので、ネパールはいったいどうなる事やら...まだバンコクの事しか考えれていません。

真っ白なキャンパスが徐々に彩られていくように、今回の旅はどんな絵を描いてくれるのでしょう。バックパックとシタールを担いで、アジアの奥までミネラルハンティング。無事に帰ってきて、手に入れた素材で思う存分創作したいです。

皆様にもご迷惑をおかけしてしまいますが、ご了承くださいませ。

よろしくお願いします。

 

 

木の十字架とブルームーンストーンをあわせたペンダントのオーダーをいただきました。

blog226-1.jpg

今まで創作してきたウッドペンダントとちがう、とてもシンボリックな創作になりました。センターに小さなブルームーンストーンを配置し、理想的なシェイプを求め切ったり磨いたり厚さを薄くしたり小さくしたり....

blog226-2.jpg

かなり時間はかかりましたが、納得のいくウッドクロスが現れました。面取りは表面と裏面が平らにしてあり、エッジ部をカットが入っているように磨きました。

blog226-3.jpg

木目を生かすように、かつシンボルや天然石の良さを引き立てるようなバランス。それは確実にあって、導きだす行程が緊張と達成感の連続です。このデザインにたどり着けた事に感謝し、また皆様とシェアできればうれしく思います。

 

 

ソラークォーツ(瑪瑙入り水晶)、デンドライト(忍石)、以上ネックレスを2点UPしました。

こちらデンドライトになります。

DDR09-2.jpg

非常に美しい植物のような模様が入っている、酸化マンガンが複数に枝分かれした樹枝状の結晶で構成された天然石です。古くは石に入り込んだ、永遠に枯れない植物だと信じられ、豊穣の象徴とされてきました。

20歳すぎ、インドにばかり入り浸っていた頃に出会った天然石で、現地にはコレクターがたくさんいらっしゃいます。クォーツベースやアゲートベースがあり、透明度が違います。インド産のルースで、MumbaiのMono Mineralさんから分けていただきました。

新作ネックレスはこちら

 

クリソコラアズライトマラカイト(珪孔雀石 藍銅鉱 孔雀石)のネックレス1点と、マラカイト(孔雀石)とユナカイトのペンダントを2点UPしました。

CAM02-2.jpg

少し以前にインドに行ったときに出会ったルースで、縦50mmと大きく存在感があります。ブラウンとブルーとグリーンが混ざり合っていて、天然石の良さがとても出ているように思います。

産地や鉱脈によって全く異なるその姿は、見る者の心をくすぐってくれます。地球の色の要素をたっぷり含んだ石は、きっと見て認識した時から癒しを与えてくれると思います。

 

 

アルゼンチン産アズライト(藍銅鉱)のネックレスとペンダント、アズライトマラカイト(藍銅鉱 孔雀石)のネックレスを各1点UPしました。

こちらはアズライトマラカイトです。

AZR09-2.jpg

素晴らしい模様、発色ですね。アズライトとマラカイトのバランスもよく、良いクオリティのルースです。アズライトの間に入り込んでいる所は、石が形成されていく様を教えてくれているようです....

売るのを考えてしまう所を見ると、やはり僕はアズライトマラカイトの虜のようです。

新作アクセサリーはこちら

 

オーダーの合間にターコイズでウッドペンダントを創作しました。

WDP04-1.jpg

模様が綺麗に入っているチベット産ターコイズとはりえんじゅの木です。センターラインを中心に磨き上げています。ターコイズに入っている模様の色と木の色が近いですね♪裏から見ると船みたい...と思いました。

どんどん創作しようと思います!

 

ドリームキャッチャーのオーダーをいただき、 黄色い天然石とマカバで創作しました。

シトリン(黄水晶)、ハート形のルチルクォーツ(金紅石入り水晶)、タイガーアイ(虎目石)、クリスタル(水晶)とローズクォーツ(紅水晶)を編み込みました。

須山様6.jpg

出来れば大鹿の景気を背景に写真を撮りたかったのですが....雪がまだ残っていていい光の所まで行けませんでした...残念。

シトリンはかなりボリュームがあり、中心で光を集めその存在を華やかにしてくれています。左右を彩る幾何学体のマカバは、存在が完全に活性化された状態を表した形です。またルチルクォーツとタイガーアイを真ん中に配置し、より華やかになりました。

この創作に関わっている方、皆様に平安と繁栄を。

 

クリソコラのネックレスを2点創作しました。

CSC10-2.jpg

程よくクリソコラとクォーツ(石英)と母岩が混ざっていて、下部に少しだけアズライトブルーを伺わせています。石英を含みながら銅の鉱床から出ているミネラルは少し特別です。このルースのように混ざっていないケースやとけ込んでいるケース、クラスターなどに付着するケース等様々です。

今回はアクアマリン(緑柱石)のビーズと合わせてみました。

新作ネックレスはこちら

 
1
  • ページの先頭へ

facebook