Bhaktanjali Blog

2014年11月アーカイブ

南インド タミルナドゥ州で産出しているサンストーンになります。アイオライトを含んでたり、様々な産出がある鉱脈です。

こちらは個性的なルックスのサンストーンのネックレスと、ハイクオリティ・アイオライトサンストーンのペンダントになります。 

SUN07-1.jpg

とても良い具合にアイオライトとサンストーンが混ざっていて、透明度もあり、キラキラの反射もまんべんなくでています。

AND224-1.jpg

 

 

いろんなご縁がつながっているカップルにオーダーをいただき、アズライトのネックレスを2つ、ペアな雰囲気を残しつつ、それぞれの雰囲気に合わせ創作してみました。

こちらが女性へのネックレス、少しクリソコラを含んでいるアズライトをメインに、アクアマリンとアメシストでデザインしました。シルバーは使用していません。

シックに、色味で彼女の世界にフィットするように仕上げたく、また人となりからアクアマリンとアメシストに落ち着いたのですが、ばっちりフィットしてくれそうです。

blog217-1.jpg

こちらは男性へのネックレスです。こちらもクリソコラを少し含んでいますね。どちらのルースも良いクオリティです♪ビーズはラピスラズリとカヤナイトでシンプルに、編み紐は彼の服装に合わせブラウンにしました。ピースマークのカレンシルバーチャームも、彼にならばっちりです。

blog217-2.jpg

想いよ、届け。

 

持ち込みでのバリサイト(バリシア石)とカーネリアン(紅玉髄)のコンビネーションネックレスを創作しました。

blog215.jpg

思い入れのある天然石を預けていただくのはとても光栄な事であると同時に、責任を伴うオーダーになります。

ゆっくりとやり取りしながらデザインして、魅力的なネックレスにたどりつきました。ティアドロップのカーネリアンとアマゾナイト、ペリドット、グリーントルマリンを使用しました。

紐の先端はルドラクシャとシェルのカレンシルバーチャームです。

 

 

アズライトのコンビネーションネックレスのオーダーをいただき、アルゼンチン産アズライトとアフガニスタン産ラピスラズリのコンビネーションネックレスを創作しました。

斉藤様9.jpg

メインのアズライトの大きさは、縦42mm 横31mmあります。大きいのに全体的に発色が良く、良いクオリティのルースです。そこにラウンドシェイプのラピスラズリをデコレーションしています。

ビーズはブラックオニキスをメインにラピスラズリとカレンシルバーでデザイン。ブラックの編ひもで、存在感のある色合いに仕上がりました。

 

いつも良くしてくださっているお客様からオーダーをいただき、ブルームーンストーンのヘンプネックレスを創作いたしました。

古川様13.jpg

ブルー〜オレンジ〜イエローのシラー(反射)が出る、インド産ブルームーンストーンです。

透明度はノーマルですが、このシラーはとても綺麗ですね。こういった個性の強いブルームーンストーンは、アイスと呼ばれるような透明でブルーの均一な反射がでるルースとは、全く違った魅力だと思います。

古川様14.jpg

ビーズは中心から、パキスタン産アクアマリン、インドオリッサ産アクアマリン、クリスタル、ルチルクォーツ、シトリンになります。 

いつものデザインと若干違い、ペンダントとネックレスのつなぎ目が中心ではなく、少し横につけてみました。こういったオーダーをいただきますと、新しいデザインがおりてくる事があるんです。今回もそんな予感を感じた創作になりました。

編ひもはヘンプです。太くなりがちなので、ヘンプを裂いて蠟引きし直し新しい糸を創作してから編み込んだので、ちょうど良い太さに仕上げる事が出来ました。

 

クリソプレーズとブルームーンストーンのオーダーをいただき、コンビネーションネックレスを創作しました。

倉田様6.jpg

初めての組み合わせですが、やはりいい感じですね♪2つともティアドロップシェイプです。先日届いたばかりのクリソプレーズで、早くも残りが少なくなってきました...

似た色のプレナイト(葡萄石)の方が好まれていたのですが、最近クリソプレーズを頼まれる事が増えているように思います。

ビーズはセンターより、カットのブルームーンストーン、シルバー、タイヤ型のグリーントルマリン(電気石)、ラウンドのブルームーンストーン、シルバーです。

 
1
  • ページの先頭へ

facebook