Bhaktanjali Blog

2014年10月アーカイブ

ヨギニへの道を歩んでいらっしゃる方にオーダーをいただき、ブルームーンストーンとラブラドライトのネックレスを創作しました。

blog213.jpg

ラブラドライトとブルームーンストーンをコンビネーションで留め、ムーンストーン、ラブラドライト、シルバーでデザインしました。

やはり長石同士、抜群のハーモニーです。ラブラドライトはブルーの反射が、ブルームーンストーンは写真では反射でわかりにくいですが、透明度もあり反射も綺麗に出ます。

身にまとわれる方がヨガを志してらっしゃるので、少しでもその道を歩む彼女を支えてくれればなと考えながら編み込みました。

シタールもアプローチによってはナーダヨガ(音のヨガ)の世界になります。インドの文化を志す方を応援できる喜び、素晴らしい生業です。

 

以前出店の際に、お客様が並べているバクティのルース達の中からクリソコラをお選びいただき、ネックレスを創作しました。

blog210.jpg

このルースは...以前Jaipurのお世話になっている工房で、目の前でカットと研磨をしてもらったんです。元はもっと大きかったのですが、ブラウンの発色が多かったんですね。

で、そこを落としてもらって研磨して形を整えたんです。次の日行ったら、落とした部分も磨いてくれてました。確かそのときの動画がyoutubeにもupしてます。

クリソコラを体現するような美しい発色。調和、というか...ブルー1色ではなく、ブラウン、クォーツ、グリーンの部分を含み、そのルックスはほかの天然石にはない美しさが有るように思います。

ビーズはインドで見つけたシルバービーズをメインに、ラウンドのターコイズとカットのアクアマリンでデザインしました。紐の先端は、鈴のカレンシルバーと、ラフポリッシュのターコイズです。

バクティのブルー系ネックレス、オーダーを良くいただいています。やはり自分が身にまとっている石だからでしょうか....もっと現地から送ってもらう事にします!

 

こちらも出店の際にお客様にお選びいただいたルースで創作した、オーダーメイドネックレスです。

モロッコ産アズライトインクリスタルです。

blog211.jpg

クリスタルの隙間にアズライトが流れ込んだ様が見えるような...不思議なルックスです。きっと銅の鉱床の付近にあった石英と藍銅鉱が織りなしたのでしょう。まさに世界に1つ、地球の織りなす芸術ですね。

ビーズはラピスラズリのラウンドビーズと、カヤナイトのカットビーズ、カレンシルバーでデザインしました。

まだまだアズライトも在庫がございます。オーダーをお考えのお客様は早めにオーダーしていただいた方が、良いルースが残っていると思います。産地も色々あって面白いですよ♪

 
1
  • ページの先頭へ

facebook