Bhaktanjali Blog

2011年8月アーカイブ

昨日のコンサートにご来場くださいましたお客様、
誠にありがとうございました。
 
2件別の依頼で頼まれていたのですが、
2件とも気功の方々からの依頼でした。
 
プライベートコンサートですので、
皆様の雰囲気も大変落ち着いていて、
気持ちよく演奏させていただきました。
 
一本目はタブラ(打楽器)は東京より池田トモキ君。
少し以前に音をあわせた事はありますが、
ほぼ初めての組み合わせでした。
 
まずはおいしいお食事をパクリ。
 
blog148.jpg
 
刺身、猪肉、松茸、夏野菜...普段素食なのでしっかり栄養をつけました。
演奏に行くと皆さんのご好意に触れる事が多く、
いつも甘えさせてもらっています。
 
感謝。
 
blog147.jpg
 
南信州できちんとしたインド古典ができる事は少なく、
今回は良い音楽を提供できたと思っています。
 
トモキ君、オーガナイザーの山上様、近隣または遠方から
ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。 
 
また会場でオーダーメイドのご依頼をしてくれた方々、
想いを頂きました、お客様の想いに寄り添える
アクセサリーを創作いたしますので、今しばらくお待ちくださいませ。
 
そして2本目の会場に移動、あたりはもう真っ暗。
こちらでもご夕飯を頂き(鹿肉や手のこった夏野菜料理にデザートまで!)
たっぷりリラックスした後にシタールの独奏を演奏させてもらいました。
 
演奏後に天然石アクセサリー屋に変身。
皆さんも興味津々で見てくれたので、あっという間に時間が流れていきました。
 
演奏を聴いてくださった方、アクセサリーをご購入いただいた方、
本当にありがとうございました。
 
その後機材を返しにいき家に着いたら12時オーバー...とても充実した一日でした。
僕が生きているのはこういう事を皆さんとシェアするためなんだなと
つくづく肌で感じる事ができました。
 
まだまだ発展途上ですがこれからも温かく見守っていただけると幸いです。
 
さぁ、今日も創作と練習に励みます。 
 
 
| コメント(497)
 
大鹿村に来てからずっとやりたかった事の一つ。
南アルプスのどこにでも良いから登ってみたかったんです。
 
今回行ったのは烏帽子岳という山。
朝5時に登り始めれば暗くなる前に帰って来れる距離です。
 
 
 blog146-3.jpg
 
登り始めるとすぐにから松の植林を抜け、トウミやカンバ系の木が多くなります。
つまり植林が終わり、山の気候に適した種類の木ばかりになります。
 
つまり人が手を付けていないエリア。
 
blog146-4.jpg
 
比較的穏やかな登山道ですが、やはり2,500mを超えた
あたりからはこんな場所が多くなってきます。
まず目指すは三伏峠小屋。
 
blog146-2.jpg
 
三伏峠小屋で一休みした後、烏帽子を目指し歩いていると
ついにお花畑とハイ(這う)松が多くなってきます。
自分の腰より背が高い植物はなくなって、
時折、霧の間から塩見岳が顔をのぞかしてくれます。
 
blog146-1.jpg
 
晴れてたら素晴らしい景色が見れたんですが...
それでもかなり満足できる景色をみる事ができました。
 
でも悔しいので夏の間に塩見岳に行きます!
 
南アルプスを超えて富士山とご来光を見るまでは...
 
 
 
| コメント(792)
いつもお世話になっている松川町在住のヒーラー、
山上先生からクリスタルのネックレスをオーダーいただきました。
 
もうこのハートのペンダントでいくつネックレスを作ったんだろう。
品質、カットともに質が良く、創作していてワクワクしてきます。
創作したそれぞれのネックレスが持ち主のもとで輝いてるんだろうな。
そんなご縁を僕に与えてくれる山上先生に心からの賛美を。
 
blog145.jpg
 
儒教の思想の中に人間を三種類に分ける考え方があります。
知者、仁者、不仁者です。
 
不仁者とは心も思考も金銭的にも貧しく卑屈な人。
仁者は心や思考は健全で素晴らしい徳を備えているが金銭的に貧しい人。
知者は全てが健全で徳を備え金銭的にも満たされている人。
すごく大まかに書いているので語弊があったらすいません。
 
山上さんは知者、全てを受け入れ流す事をできる人。
全ては自ずと成されていく。
 
これからも勉強させてもらいます。
 
| コメント(686)
プレナイト(葡萄石)のネックレスを創作しました。
blog144.jpg
 
信じる心を取り戻す様促すプレナイト。
穏やかなグリーンに包まれた姿は
僕には自然を彷彿させてくれます。
 
なので編み込みの紐は茶色にしています。
植物みたいですね、大好きな色の組み合わせです。
 
あめ玉のようなプレナイトのルースをトップにし、
黒線が美しいプレナイトを中心にカットの水晶と
カレンシルバーで仕上げてあります。
 
 
 
| コメント(718)
1
  • ページの先頭へ

facebook