Bhaktanjali Blog

2011年3月アーカイブ

            sitar kekke    guitar & vocal lata

日曜の午後にいらっしゃったお客様、

ご来場誠にありがとうございました。

こういう状況下で果たしてお客様が

来てくれるんだろうかと気をもみましたが...

会場いっぱいまで入りました。

           esraj lata
blog126-2.jpg

僕のソロはRaga kirwaniを弾きました。

本当は違う演奏方法で弾く予定だったのですが、

僕のフィーリングには切なさが必要だったので、

Raga kirwaniに変更しました。

想いを旋律にのせる、それを聞いてもらえる。

今ある環境に感謝でいっぱいです。

lata君とのセッションも素晴らしかったです。

最後にお客様と歌ったkirtan(ヴィシュヌを

讃え得る歌)が素晴らしかった。



インドの考え方ではトリムルティ思想があります。
創造=ブラフマン 維持=ヴィシュヌ 破壊=シヴァ
今回はヴィシュヌ、つまり世界を維持している神への讃歌。
歌が始まりlata君がエスコートし、シタールが伴奏。
すぐにお客様も歌いだし会場が一つに。
みんなのハーモニーが、想いよ届けとばかりに
水面に広がる波紋のように広がりました。

祈りとは何なのでしょうか。
救いはさしのべられるのでしょうか。
ちっぽけすぎる自分に何ができるのでしょうか。

...答えはあるのでしょうか。

自力では何もできません。
すべては他力によるものです。

今、僕にできることは石を投げて意識という水面に波紋をおこす事。
この波紋が共鳴し会場を暖かく包んでくれました。


 
| コメント(451) | トラックバック(0)

はじめに今回に地震で亡くなられた方のご冥福を祈ります。
また被災された方のご苦労を察すると、
自分が山奥で暮らしている事が申し訳なく思えてなりません。
 
とんでもない地震が起こってしまった。
それもあんなに怖かった阪神大震災の比にならない規模の...
何をやっても手につかず、
余震と原発の恐怖が頭に浮かんでしまう。

自分に出来る事を色々考えてみた。
募金、救援物資などが浮かんでくる。
昨夜は放射能についての勉強会に参加し、
こういった知識の共有も出来ると感じた。

地震以後悩んでいる事が一つあった。
20日に飯田でシタールの演奏を頼まれていた。
このような状況下でコンサートを開くなんて...
色んなネガティブシンキングが襲ってきた。
そんな中一人のお客様からメールを頂いた。
その人はこんな時だからこそシタールをといってくれた。
その瞬間に何かが僕の中で溶けました。
だから20日のコンサートでは祈りの為に
シタールを弾いてみようと思う。

歌うたいのらたくんとセッションもします。
彼の歌は祈りそのもの。
こういう時に必要な音楽が出来ると信じています。
聞いてくれる人の心を少しでも良い方向にしたい。
そんな日曜の午後に出来たらいいなと思います。

3/20(日) 14:00~ at 自然雑貨 月の家(長野県飯田市)
癒しの空間「月の家」でインドの楽器に彩られる春のひとときを...
料金 おきもち
出演 lata with kekke
lata(一志 新)
祈りの歌、癒しの音をテーマに、エスラジ(インドの弓楽器)、
カリンバなど民族音楽の演奏やガットギター弾き語り。
静けさと調和するような音楽を目指している。
・2人のセッションやシタールソロを企画しております。
 当日はバクティの天然石アクセサリーも置かせてもらいます。
 ぜひごゆっくり「日曜の午後」をお楽しみください。
未定ですが原発についての勉強会もあるかもしれません。

今自分に出来る事をしよう!
 
 
| コメント(905) | トラックバック(0)
makyoのライブに行ってきました!

blog125.jpg

makyoを知ったのはインドにいる時です。
色んな楽器の音をサンプリングして、
エレクトロな音に仕上げてて面白いなと...

帰国してライブを見る機会があり見てみてびっくり。
知り合いのサントゥール奏者ジミーさんが参加してる!

それ以来我が家で出番が多いmakyoです。
音も格段にレベルが上がっていて、
使用している楽器は弦楽器がサズ、ラバーブ、サントゥール、
ハンマーダルシマー、タブラ、ダラブッカ、ダフ、リク、etc...
その演奏者が奏でる音をその場で調整、加工。

エレクトロ好きの演奏者にとってはたまらない環境。
中心になっているgioのセンス、間違い無し。

サズを弾いているまどかさんは昔、
奥さんとバクティのネックレスを購入してくれた事もあります。
奥さんのmihoさんのダンス(ベリーダンサー)は今回も
素晴らしく、クラシックな雰囲気が大好きです。
スーフィー(ムスリム神秘主義)の影響なのかな?
ワントラックの間ずっと回り続けたのに度肝を抜かれました...

写真に写っているダンサーはhayatiさん。
美しいルックスもですが、舞台に上がってすぐに
白檀の良い香りがしてきてとろけそうになりました。

ほんと、たまには山を下りて刺激を取り入れないとだめですね。

充電出来たんで頑張ります!

 
 
| コメント(682) | トラックバック(0)

blog124.jpg

大きくてクオリティの良いインカローズを

ペンダントにし、オーダーメイド

ネックレスを創作致しました。

インカローズ クリスタル ローズクォーツ

7種類のカレンシルバーを使用。

ペンダントが大きくビーズも長いので、

少しゴージャスな雰囲気に仕上がりました。

お客様と相談しながら出来上がっていく

ネックレスやブレスレット達。

少しでもお客様の望んでいる見た目や

求められている意味に近づけれる様...


 
| コメント(858) | トラックバック(0)

blog123.jpg
ずっと僕と一緒にいる天然石があります。

昔ダラムサラーというヒマラヤにある

街にいた頃に出逢った石で、

僕が着け続けている唯一の相方です。

ダラムサラーはダライラマ様がいらっしゃる所で、

ラマ様の寺の側の石屋さんにありました。

「地球みたい...」が第一印象でした。

三日間悩み店に通い続け購入しました。

様々な形に加工し続けて今は←こんな感じです。

色んな民族の人達に「地球みたいだね」と

言われて、どんどん自分に取ってよいアンテナに

なっていくのが手に取る様に分かりました。


アズラマラカイトの石言葉は「調和」。
あ、なるほどなと体感させてくれました。

二つの存在の意識レベルが近くなるというか...
様々な環境でそういう出来事があった様に思います。

アズライトとマラカイトは二つとも同じ成分から組成されています。
和名は藍銅鉱といい、銅が含まれている事が分かります。
昔から顔料として使用されてきた過去を持つアズライト。
東欧の教会では壁一面にアズライトが塗られていて、
何世紀も経った現在はアズライトが日光と反応し、
マラカイト色の教会に変化しています。

祈りの場所というだけではなく、
そこがアズラマラカイトで覆われているなんて。
神聖な雰囲気で溢れていそうですね。

アズラマラカイトの鉱山はどんどん閉山していっている様です。

大切な僕の相方とこれからも共に...


 
| コメント(1337) | トラックバック(0)

以前オーダーメイドさせてもらった友達のネックレスを
カスタムメイドさせてもらいました。

blog122-1.jpgblog122-2.jpg

























日常から着用とおっしゃっていたので、
カレンシルバーは全て外して天然石に変えました。
メインにしているのはルドラクチャー(菩提樹の実)です。
使用したのは上からルチルクォーツ
グリーンフロライト ローズクォーツ クリスタル
ひもの先端はハーキマーダイアモンドです。

いい感じに仕上がりました...



 
| コメント(642) | トラックバック(0)

以前創作したプレナイトのネックレスの修理のご依頼を頂き、
ネックレスのカスタムアップと余ったビーズでチャームを創作しました。

blog121-1.jpg
blog121-2.jpg























左のチャームはバッグや小物入れなど、
様々のシチュエーションでワンポイントになってくれます。
ネックレスから外したカレンシルバーとアベンチュリンと
プレナイトで二つ(ご夫婦なんで)創作できました。

ネックレスは少しビーズワークが多かったので、
プレナイトだけ残してクリスタルとグリーンアパタイトで
小ぶりですが存在感がでる様に仕上げました。

長野県T様、いつも有り難うございます!



 
| コメント(691) | トラックバック(0)
1
  • ページの先頭へ

facebook