Bhaktanjali Blog

2010年1月アーカイブ

アクアマリンのピアスと
フロライトのネックレスの
01と02を創作致しましたっ☆

比較的ライトな見た目に仕上がりましたっ♪
 

 

prc01-01.jpg

 

 
FLR02-03.jpg
FLR01-03.jpg
 
 
| コメント(660) | トラックバック(0)
知り合いの方が結婚される事になりました。
ネックレスのオーダーをいただき、意味やルックス等を考え
創作すると、とてもピュアなルックスに仕上がりましたっ♪

blog56.jpgローズクォーツ 愛
イエロー ピンクトルマリン 癒
アメシスト 導
ブルームーンストーン 慈
クリスタルクォーツ 浄
一文字で表すとこういう思いで石を選びました...
カレンのモチーフも可愛いですね!

ちなみにネックレスをかけているのはシタールの共鳴胴です。
 
 
| コメント(612) | トラックバック(0)
blog55.jpg
信州は今日とても寒いです。
大寒も過ぎ、暦の上でもとっても寒いこの時期。
積もったと思った雪も一日でまた積もり、
地面が凍らないように雪をかき薪を割っています。

今日は寒気と放射冷却でほんと寒いです。

最近バクティの出店用に車をゲットしました!
その車を直したり洗ったりしていたら畑の後ろの茂みから
何やらがさごそと聞こえるんです。
シャンティ(犬)かと思い確かめると足元に...

何か嫌な予感がするなと思いシャンティを抱え上げると、
そこから大きな雄鹿が現れました!
昼間ですよ、敷地内ですよ。
夜行性の鹿が昼間にこんな形で集落に入ってくるのは
すごく珍しく、テンション急上昇!

さらにビックリしたのはその10分後くらいに、
鹿の臭いを追って猟犬が現れた事です。
この時期の猟犬は血の気が多いので、
すぐにシャンティを家に入らせました。

雪に囲まれ、自然に囲まれ、悪戦苦闘しながら
毎日元気に暮らしております。

シンプルな暮らしの中から、
本当に自分の求めている事を見つけ出す。
必要ない物をそぎ落とした生活の中から、
核心に触れるアクセサリーや音楽が生まれていく。

そう信じて...今日もがんばります!
 
| コメント(782) | トラックバック(0)
CCN04-05.jpg
ブルーカルセドニーをペンダントトップに配置した。
マラを創作致しました。とても優しい色をしていて、
持つ方を選ばなさそうなマラに仕上がりましたっ☆

ビーズワークはカヤナイトがメインで、
ラウンド、カット、大きさを組み合わせました。

色の統一感、意味の組み合わせ、いい感じです。

あなたに寄り添いよりよい気付きをくれます様...
 
| コメント(439) | トラックバック(0)
アメシスト&アクアマリン&クリスタルクォーツを使用した
チベタンタイプのネックレスを創作しましたっ☆

TBT04-03.jpgチベタンタイプのスタンダードな石配置です。

在庫はまだまだあります。
気に入られた方や石の種類を変えて欲しい等の
カスタムアップにも対応しております。

ゆっくりですが...これからどんどん新作アップします!

 
 
 
| コメント(754) | トラックバック(0)
 
今日はアンコールワットのレリーフを...

この遺跡のすごい所は全て石で仕上がっている所。
保存状態が良い箇所もあり修復も進んでいますので、
全ての彫刻を見る事は出来ません!が...

ヴィシュヌ神の乳海撹拌(修復中)やリグヴェーダなどの神話の
戦争等もモチーフになっています。

征服する側とされる側では人種が違ったり、
とにかくすべてが緻密に細かく描写されています。

遺跡群までは車やトゥクトゥク(三輪タクシー)で行くのですが、
お堀の横を走っていると見えてくるんです。

 

blog54-3.jpg

 

 
 

 

   

 

この景色大好きです、広く青い大陸の空、綺麗なすいれん、東南アジア特有の木...

テンションもあがり珍しく、自分撮ってもらいました!

blog54-1.jpg気温は40℃近くありましたが、乾燥しているので気持ちよかったです。
ちなみにこの石回廊を修復したのは日本の大学です。
カンボジアでは日本人がODAで道路を造ったり、
アンコール遺跡群の修復をしているのでみんなやさしいですよ!
中に入ると壁一面が彫刻です。

 

blog54-4.jpg

 

これ何十メートルも続いてます。
何世代にもわたって彫られたんじゃないかしら...
これが鎌倉時代には作られて現存しているとは...
カンボジアにないヒンドゥー教が当時は隆盛...
とかいっろいろ考えてしまう程、時の流れを感じずに入れませんでした。

もちろん視覚的にも見応えがあります。
例えば私達にも馴染みの深い閻魔様。
ここではこんな感じです。

 

blog54-6.jpg君天国、君天国、あ〜...君地獄!

 

blog54-5.jpg

☆えっさ、ほいさ、えっさ、ほいさっ☆
(弟子達が地獄に叩き落としてる)

 

blog54-7.jpg
舌抜かれてます...嘘ついちゃだめ!
今回は通訳の方もいらっしゃったので理解する事が出来ました。
前回はガイド無し、バイクタクシー、全行程裸足...
今から考えると若かったなと思います。

それでは...また気が向いたらアンコールワット書きます...

 

 
 
| コメント(729) | トラックバック(0)
 

皆さん、アンコールワットという名前はご存知ですか?
ヒンドゥーイズムとブディズムが完全に調和しているヴィシュヌ寺院です。
カンボジア唯一の至宝と言われ、世界中から旅行者が訪れています。

私は22才の時に訪れて、昨年末にもう一度訪ねる事が出来ました。
以前に訪れたときは、私自身まだまだ若くインド明けに訪れた為
遺跡を楽しむというよりも地域の人達と楽しむ傾向にありました。
ともすると、通り過ぎてしまっていた事があまりに多かった。

アンコール遺跡群とは、有名な遺跡がこれでもかという程沢山
広大なエリアにちりばめられています。
もちろんすべてを紹介する事は出来ませんが...

ちょっとずつ紹介出来たらなと思います。

もちろんカンボジアだけでなく訪れた場所は全て紹介したい!
私が自分の足で歩いて感じた事を
バクティで紹介出来る範囲で見ていただければと思います。

〜今日は朝日と夕日〜
(遺跡は次回から...)

☆アンコールの朝日☆

blog53-1.jpg



これを見る為に世界中から旅行者がアンコールワットの向い側で朝日を待ちます。
アンコールワットは包囲も計算されているのでバッチリ。
前回は見れなかった早朝の太陽を拝めました。
この写真を見ると、なぜカンボジアであれほどまで影絵が
極められたか感じれたような気になりました。

☆遺跡から見る夕日☆
 

blog53-2.jpgこの夕日は遺跡群の中に在る山の上の遺跡から見る事が出来るのですが、
山どころか丘しかない大陸での夕日は規模が違います。
地平線まで続く緑、乾いた赤い土の色、トンレサップ湖の水の色、
どこまでも続く空、カルセドニーやカーネリアンの様な空の色。
以前と変わりなく悠久の時間が流れていました。

それを見る為に...色んな目の色の人達が...集まり過ぎっ!

blog53-3.jpg

blog53-4.jpg


国が違おうが文化が違おうが言語が違おうが関係のない感覚の世界。
皆同じ事を求めてここに集まり、感じ吸収しまた戻っていく。
点が線になり交わって、また違う方向へ。

いつ海外にいても、私はこういう感覚を大事にし、
慈しみ、忘れないようにしたいと思います。

次は遺跡の説明とか写真をアップします!
 
| コメント(698) | トラックバック(0)
先日知り合いの方からいただいたルチルクォーツ(赤)を
ペンダントトップにしてネックレスに加工してみました。

blog51.jpg
写真では分かりにくいですがとても綺麗なルチル入りクリスタルです。
ビーズワークもハーキマーダイアモンドとルチルクォーツとクリスタルのみ。
シンプルですがとても雰囲気の在るアクセサリーに仕上がりました。

blog52.jpg

やはりクリスタルの魅力はすごいと思います。
紐もヘンプを使用し、よりナチュラルな質、風合いに...

こちらの商品のオーダーメイドも可能です。
気になられた方は是非問い合わせにてお知らせください。

人からいただいた石という、ご縁から生まれたアクセサリーです。
☆Y先生、有り難うございました☆
 
| コメント(811) | トラックバック(0)
blog50.jpgこれは私の祖母が亡くなったにあたり、
お世話になった方々へ送られるブレスレットです。

このような形で親戚とお付き合いするとは夢にも思っていませんでした。

私は祖母に育てられました。
祖母でもあり母でもあります。
食、生活、考え方、今になってみると
これでもかという程影響を受けている自分が居ます。

他人のためになる事しかしなくて、とても楽しそうに人と喋って
常に何かをしていて、多くを与え少し受け取り...

心から尊敬出来る人格でした、至らない自分が不甲斐なくなります。

少しでも多くの事を語ってもらおうとなるべく帰省はしていましたが、
こんなにも潔く逝かれてしまうと...惜しい気持ちが溢れてしまいます。

いつまでたっても心のどこかで甘えたい気持ちがあるんでしょう。
今はこの慈しみを抱きしめ、もっと大きな男になりたいです。
 
ただ単調に創作するのではなく、
気持ちを込めて思いを感じながら創作したい。
そんな気持ちを体現出来た、そんな創作でした。

☆この創作に関わる全ての方に感謝☆
 
 
 
| コメント(499) | トラックバック(0)
☆山の中の薪食い虫な我が家☆
blog49.jpg


雪なんです、はい。
今日も朝から雪掻き等に振り回されています。
うちの谷は村の中でも降りやすくすぐに積もってしまいます。
今も吹雪いたりましになったりの繰り返し...
朝掻いた雪がもう積もっています!

気温もお昼なのに−6℃。
部屋の中も今日は寒いので、
薪を焚き+ファンヒーターでしのいでいます。

最近空気がとても澄んでいて、
体が喜んでいるのを感じます。
雪が降ると、それはさらに顕著になります。
起きたての体に冷えきった空気が美味しいx2!
今年の冬も体調バッチリです。

ここしばらくは寒波らしいので、
皆さんもお体をご自愛ください。

一番綺麗な季節の大鹿村より...

 

 

 
 
| コメント(762) | トラックバック(0)
  • ページの先頭へ

facebook