Bhaktanjali Blog

2009年7月アーカイブ

昨日村の友達の家で映画「チョコラ」の試写会がありました。
二日前に会った映画鑑賞会のメンツが再び揃い、
和やかな雰囲気の中鑑賞会は始まりました。

チョコラとはケニアの言葉で拾うを意味します。
色々な素材を拾い集め、リサイクル業者に引き取ってもらい
自活しているストリートチルドレンのことをチョコラといいます。
様々な理由でストリートにたどり着き、皆でご飯を作り
火をおこし暖をとり、皆で軒下に固まって寒さをしのぎ寝る。
子供が生活するのには十分な額が手に入るらしく、
中には親にお金を送る子供もいました。

じつは9月6日に中川村である上映会の企画に参加することに
なったので、あまり詳しい内容までは言いたくないので...

http://www.chokora.jp/ ←こちらをチェックしてくださいっ!

ぼくはアジア各地ででチョコラ、
つまりストリートチルドレンと出逢いました。
バスターミナルや市場の周り、人が多く多く集まる
所には子供のスリ集団や物乞いの集団がいたりしたもんです。
友達のバックパックのチャックを開けている所に気付き、
子供と思わせておいてとんでもないなと真剣におびえました...

なかでもカンボジア、ネパールはグルー(トルエン系)中毒が多い。
さっきまで普通に物乞いしてた男の子が、
しばらくして後ろ向きにダッシュしてけたけた笑ってるのを見て、
ものすごく複雑な気持ちになりました。

それでも立派な仕事として彼らは物乞いをしているので、
お金を渡した時のあの笑顔は僕の複雑な気持ちを許してくれます。

インドの場合は物乞いをする家族の集団も沢山います。
石を買いに行っているジャイプルは、旧市街周辺は交差点ごとに
縄張りがあるようで信号待ちごとに物乞いがきます。
腕の無い姉妹、大やけどの跡のある子供を抱えるお母さん、
思い出したくない現実がありました。
口にご飯を入れる仕草をしながら、信号待ちの間ひたすらに...
お金を上げるタイミングが早いと必要以上に払わないといけなくなるし、
出さないでいると悪いことしてる気になってくる始末。

日本で生まれ、親に大学を出してもらい、食うことに困ったことの無い僕に
彼らを疎ましく思うことが出来るだろうか。
人類が抱えている経済格差という病のうまみだけを享受し続けている僕に
彼らを虐げられていることを無視出来るだろうか。

教育ということの意味すら知らない彼らに、
少しでも良い意味での行動をとりたい。

なので僕は9/6チョコラ上映に自分の出来ることをしようと思う。

Let's take action as possible!
 
| コメント(689) | トラックバック(0)
村で二日連続映画鑑賞会がありました。

今日は一日目の話。
沖縄北部ヤンバルの森にある集落、
高江を取り囲むように出来る米軍へリの
離着陸帯 ヘリパッドの建設に抗議する人達の
ドキュメンタリーと彼らにシンクロしたUAのLIVE。

彼らの活動はこちらから。

http://takae.ti-da.net

米軍に虐げられ続けている沖縄県民の苦しみ、
言葉を頭で理解することしかしようとしない奴らに
一日も早く彼らの苦しみが伝わりますように...

アメリカに上手く転がされ精神的 経済的に、
植民地化されてきた日本という事実、
それを噛み締め今自分が出来るアクションをとりたいと思う。

全て覆い隠そうとするこの国の悪いくせを否定し、
超現実的にこの世界を見て自分との尺度や
距離感を保つことで、ある程度ニュートラルな
立場を保ちたい。

自分が各地で経験し吸収した知識が、
今も尚、こんな自分の立場を肯定してくれます。
全ての土地で行なわれる戦争、民族浄化 紛争、
部族 国家間の争いごとは、すべて受け入れることが出来ません。
負の感情は負の感情しか生み出さないことは分かっているはず。
アメリカのように戦争を繰り返すことで行政、
経済が機能するようになってしまっている国は
結局最終的には全ての貸し借りの関係も消え、
国際的に窮地に立たされることは間違い無し。
暴力的に選択権や外交上の特権を敗戦国や弱小国に対して
行使し、自分を守ろうとするのは必死。

日本はアメリカを守ろうとするでしょう。
でも僕はそれに賛同出来ません。

負の連鎖を断ち切る方法は、次世代に負の感情を残さない
ことで大変良くなることをヴェトナムで学びました。

高江の人達の姿勢も、そんな場面が多々ありました。
なんくるないさ、と泡盛を飲み抗議活動を語る人達。
アメリカ軍に依存しながら暮らす沖縄県民の大半は、
今回のヘリパッドの増設に賛成しています。
なぜなら1996年のSACO合意により、
北部基地半分返還がきまりその代わりにヘリパッドの
増設が決まったからです。

しかし地域住民に対する説明はいっさい無く、
あげく抗議行動が違法行為だと訴えられる始末。
沖縄の基地担当局は脳みそが腐っているようです。
国民の言論 結社等の自由は憲法で保障されているのに...
話し合いが解決しない場合に用いるはずの司法を、
話し合いに利用するなんて、正直情けなくなります。

そんな人達がこの国を動かしています。

無感覚に生活することが決していけないとは言いません。
しかしあなたがその経済活動に参加することで、
そういったことに加担している場合があります。

加担しないことも僕たちに出来る表現方法です。
そこをしっかりふまえ責任のある行動のとれる
ようになることを、今の僕は切に望みます。

知識を共有して正しい行いが出来るように...ね☆


 
| コメント(752) | トラックバック(0)
ずいぶん前から今回の日蝕を意識していました。
2003年くらいから旅で会う人たちに、
島で再会しようなんて言いながら夢はかなわず...

自分が抱えている生活を維持するのに、
この時期に行くことがが果たしていいのだろうか。
すごく悩んだ上で、あきらめようと判断しました。

物事を見つめ直し、「明らかに」して「諦めた」つもりです。
でも未だ、配信される各地の映像は僕を後悔させます。

僕は友達と大鹿村で部分日蝕を見ました。

☆シャンティ君☆
blog25.jpg

あれっ、誰かきた!
blog26.jpg

そこへ友達が行ったり来たり...
blog27.jpg

アシュタンカ・ヨガ講師と絵描きさんです。
ひょうたん作家さんも現れて、
日食を見ながら喋ったりお祈りをしたり...
想像してた迎え方とは違うけど、すごく楽しかったです。

Siva chandra(三日月)の様...
blog24.jpg

インド占星術上では蝕は忌み嫌われます。
今は違いますが、昔は人々は家でじっと隠れ、
よっぽどの用事がない限りは家から出ませんでした。

石という物に携わる以上、
こういうことを出来るだけフォロウしようと思うのですが、
実際に体感すると部分日蝕ですら太陽系を感じさせてくれました。
インド音楽家を志す以上、こういう体験は必要だなと思いました。
深く染みいってくる感情や思考は、確実に音に反映させたい。
そんなエモーショナルな演奏が出来るように、
日々の練習を頑張ります。

NadaYoga, Bhakti Yoga,
いろんな道があるけれど、目指す所は同じ。

人生はYoga。

Om shanti.


 
| コメント(680) | トラックバック(0)
やっと大鹿に着きました...

やっぱり山ですね、空気感が全く違う。
霧に包まれ衣をまとったような山肌は、
いつも変わらずお帰りしてくれました。
明日は畑チェックしな...

シタールも10月のコンサートに向け、
もっと練習しないといけない事を痛感しました。

甘い事いってられない、現実が待っています。

今出来る事をよく考えて、毎日大切にいきよう。

大いなる楽しみを得る為に、五欲に溺れる事無く。

ネックレスもそろそろ新しいモデルをアップします!
もう数点マラをアップしたら取りかかろうと思ってます。
な、名前を考えねば...

おやすみなさい☆
 
| コメント(680) | トラックバック(0)
青色の反射が美しい石ラブラドライトをトップに配置し、
黒系、青系のビーズでネックレスを作りました。
石、シルバービーズ、長さで2パターンあります。
心を込めて制作致しましたので、
またチェックしてみてください☆

最近うちにきた友達が絵を描いているのですが、
あまりにすごかったのでアップさせてもらいます!
バクティのロゴの基礎を作ってくれた人です。
仏画、しかもブラックライトで光る(!?)代物です...

blog20.jpg

すごくないですか??
いろんな形で御仏と接する人がいますね。
僕も天然石にシタール、頑張ります!
明日からレッスンで名古屋です。
月曜日には戻りますので商品の発送はそれ以降になります。
問い合わせ等は確認出来ます。

それでは...
 
| コメント(699) | トラックバック(0)
デンドリティッククォーツを含め、マラ更新しました!
価格、写真等変更しました、チェックしてみて下さい。

昨日は友達のコンサートに出店しに行ってきました!
梅雨にも負けずにイベントを作っている皆さん、
熱い気持ちがあるから出来る事ですね...

音楽、踊り、お客さん、全てが良い雰囲気で、
出展者も知り合いが多く喋って終わってしまいました!

おいしいご飯も食べれたし、満足な一日でした...

出店情報等ございましたら是非お知らせください。
検討させてもらえるエリアは関東、中日本、関西です。
天然石アクセサリーを持ってぶらりと
お邪魔しに行きますので☆


blog19.jpg
Photo Mt Fuji
 
| コメント(758) | トラックバック(0)
1
  • ページの先頭へ

facebook